“無条件修復”第二部 第II期 @milkyeast 2015/11/15-11/27

今年の春先に参加した「無条件修復展」の第二部 第II期に参加しています。
二期の無条件修復展は、環境がテーマになった作者や作品が、比較的多いグループ展です。

[第II期|11.15-27]北川裕二、山内崇嗣、秋本将人、宮崎直孝、吉田和司
[第I-III期|10.25-12.19]坂川弘太+瀧口博昭+山岸武文、梶原あずみ

会場:milkyeast 〒104-0033 東京都中央区新川2丁目22−15

2015年11月21日[土]19:00- 「無条件修復」展にて、ギャラリー・トークを行ないます。
会場:milkyeast 入場料:500円(ドリンク付き)|予約不要

2015年11月22日[日]10:00-(18:00終了予定)ツアー・イヴェントがあります。

無条件修復展 http://milkystorage.tumblr.com
前回の様子 http://jp.omolo.com/?p=2811

僕自身は、今回のグループ展に出す作品群のテーマを、ウィリアム・ブレイクの『無垢と経験の歌』「経験の歌 序詞」の一節
-O Earth, O Earth, Return! (おお大地よ おお大地よ かえれ!)-
をテーマに考えました。

何故、ウィリアム・ブレイクだったか?というと、自分の興味あったアーティスト、画家の岸田劉生が「the earth」という絵を描き、陶芸家のバーナード・リーチが「THE EARTH」と書かれた湯飲みを作り、現代アートのロバート・スミッソンの活動がアースワークと形容されたことからイメージしました。ここでのearthの意味は、地球ではなく、大地。また、近年の大地震や天災について思うところがあったからです。自分は、ウィリアム・ブレイクの研究家ではありません。ブレイク研究も古く様々な研究家の方が居らしたと思うのですが、そのような方々の文献は余り読んでいません。あくまで、僕が読んだブレイクと、自分の知るブレイクに影響受けた方々らの作品や活動をヒントに、用意できる作品を考えていきました。

今年は、岸田劉生の「道路と土手と塀(切通之写生)」の制作から100年目ということで、
#岸田劉生の場所いってみた
として調査制作してきた作品も複数あります。

虹 昨日作ったレリーフ。

[無条件修復 関連イヴェント]
無条件修復|ツアー・イヴェント|漂流教室―河岸と下町低地

「無条件修復」出展アーティスト、北川裕二[散策研究会]・山内崇嗣(以上、第II期出展)・梶原あずみ(第I?III期出展)が企画するツアー・イヴェントを行います。予約不要です。参加ご希望の方は、直接集合場所にお越しください。
*雨天決行、荒天の場合は中止/順延の可能性あり。twitterにて告知いたします。
twitter: https://twitter.com/milkyeast #漂流教室

永井荷風「深川の散歩」(1908)などを、参考資料に歩きます。

日時:2015年11月22日[日]10:00?(18:00終了予定)
集合:milkyeast(東京都中央区新川2丁目22-15)
参加:無料
企画:北川裕二[散策研究会]+山内崇嗣+梶原あずみ

コース(予定):
ミルクイースト出発[10:00]- 箱崎ジャンクション[10:30]-森下周辺[11:30](途中 昼食)- 江戸東京博物館[15:00]-東京慰霊堂[16:00]- 大横川親水公園[17:00]?東京スカイツリー到着 終了[18:00]


https://www.google.co.jp/maps/d/edit?mid=za5nDQrZYFaw.k-EEkfZXtPXY

Posted in: memo by admin “無条件修復”第二部 第II期 @milkyeast 2015/11/15-11/27 はコメントを受け付けていません。

”KAREN’s COOKIES” アート・メープルかれん 2015/11/10 – 11/21

神奈川の大倉山にある生活介護事業所「アート・メープルかれん」にて、普段そちらの利用者の方と、芸術系のアーティストが一緒にやる企画展。”KAREN’s COOKIES”という展覧会に参加します。
芸術系のアーティストの方は、下重佳世、吉川陽一郎、吉澤美香、今村仁、高橋大輔、大槻英世、小林良一、宮崎直孝、山内崇嗣、片江公紀、小山維子、宮川遥弥、宮入あかね
自分は、植木鉢にサボテンを植えたものを展示します、その場で展示販売します。

http://karen.or.jp
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1162991800381920&set=a.356291534385288.103276.100000133340240&type=3&theater

日程:2015年11月10日(火) 11月21日(土) 15日(日)はお休み
時間:10:30-17:30 土曜日は12:00-17:00

いろんなアーティスト、また福祉施設の利用者の方々の作品が展示されています。
宜しくお願いします。

IMG_7272


View Larger Map

Posted in: infomation, memo by admin ”KAREN’s COOKIES” アート・メープルかれん 2015/11/10 – 11/21 はコメントを受け付けていません。

「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」@MOT東京都現代美術館 2015/07/18-10/12

MOT東京都現代美術館
おとなもこどもも考える ここはだれの場所?
2015/07/18-10/12

出展作家

  • ヨーガン・レール
  • はじまるよ、びじゅつかん(おかざき乾じろ 策)
  • 会田家(会田誠岡田裕子、会田寅次郎)
  • アルフレド&イザベル・アキリザン
  • こちらの企画で、”はじまるよ、びじゅつかん(おかざき乾じろ 策)”という企画に謎の監視員として、数日参加しています。
    この作品企画は、「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」という展示企画に対して、小学生や中学生に対して見せるための場所やイベントという作品企画です。
    大人の方は、展示室のなかに展示されている絵そのものは見られません。高校生の姿の方は、何かを朗読することで、展示室に入室できます。外や隙間からすこし見ることが出来ます。また、展示フロアの構造物や、展示場所のルールを知ることは出来ます。
    18才以下禁止の映像や、オトナの会員制倶楽部があるのなら?小中学生限定のヒミツの展覧会イベントといったところでしょうか?

    びじゅつかんには、ヒミツがいっぱい!

    展示されている絵は、東京都現代美術館の常設作品もあり、日を改めて、美術館の常設室で見ることも出来ます。
    展示されているみえる作品は何か?と思うとき、絵を飾る壁やバリケード、会場をめぐる検閲やルールの在り方、ネット検索で伺い知れる様など、必ずしも絵が見られないというだけでなく、いくつかのレベルで見られる様があるとは感じました。

    ”はじまるよ、びじゅつかん(おかざき乾じろ 策)”の会場、自分も数日はいるだけで、今までの様子はしらないし、自分が入らない日は入れないのでよくわかりません。 展示フロアには「謎の監視員」が日替わりで担当しています。「謎の監視員」は、研究者や学芸員やアーティストなど、自分含め様々なキャリアや職種の方がいらっしゃるようです。
    「謎の監視員」によって、展示に興味持てるような、さまざまな話題、クイズ、道具など、用意しているようです。

    「はじまるよ、びじゅつかん」のフロアのなかでは、ふつうに絵が展示されている部屋です。大人の方は入れませんが、入れない方は、あまり気にしないでください。

    親子で来られた方は、”はじまるよ、びじゅつかん(おかざき乾じろ 策)”のフロアで、途中に保護者のかたとお子さんが、別々での行動となりますが、次の会田誠の会田家フロアで待ち合わす約束をするとよいかもしれません。会田家フロアは、文章を読む作業や、映像作品が多いです。朝日新聞のニュースなどでいろいろ話題になってることもあるようです。

    さまざまなお知らせや報道、来客動員や作品の価格、作品の作り方や作られ方や飾り方、全体主義など色んな考えと自主規制や検閲、つまらないこと、興味がないことなど、展覧会にまつわる様々な出来事や物事をとおして、おとなも、こどもも、よい美術作品や展覧会について考えてみましょう。

    チラシや、展覧会会場のイメージとして、ひらのりょうさんのイメージも使われています。

    「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」期間中、
    アルフレド&イザベル・アキリザンの工作するワークショップもあるようです。
    7月中の土日祝、8月中の毎日(休館日除く) *各日2回制

    東京都現代美術館では、同時開催で、お子様向けに「きかんしゃトーマスとなかまたち展」、建築ファンに向けての南米の建築家「オスカー・ニーマイヤー展」、常設展「MOTコレクション 戦後美術クローズアップ」では、山下菊二、香月泰男、桂ゆき、万博破壊共闘派などの作品がならんでいるようです。

    ”はじまるよ、びじゅつかん(おかざき乾じろ 策)”にて、自分が「謎の監視員」をするにあたり、僕が提案したプランスケッチや、会場風景など。

    CJ8HP2ZUEAEb80e CKKfLa3UwAE8AcY IMG_5877
    20150710 20150710
    IMG_5881-2

    https://www.flickr.com/photos/takashiyamauchi/sets/72157655919548688

    やまうちの「謎の監視員」スケジュール
    (スケジュールは、時々更新するかもしれません。未定の予定があります。)

  • 7月 19日 (日), 10:30 – 17:30
  • 7月 23日 (木), 11:00 – 15:00
  • 8月 2日 (日), 11:00 – 15:00
  • Posted in: memo by admin 「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」@MOT東京都現代美術館 2015/07/18-10/12 はコメントを受け付けていません。