やまうちたかし の #縄文ヤッホー 2018/07/19(木)- 07/31(火) TETOKA(東京・神田)

29070662518_5dfa5a48dc_o

今は昔。東京都の国立市に住んでいて、身近な武蔵野の土器や土偶にも、顔面把手、勝坂式、背面人体文土偶と地域の様式があり、関東から長野へと文化様式がつながってると知りました。。
それから地元の文化に愛着がわき、地元を越えた地域の文化を知ることが、たいへん楽しくなりました。その興味や体験をもとに、土器や土偶を作っています。(やまうち)

やまうちたかしを知ったのはたぶん約二十年前。面白目利き、土屋遊さんのサイト wtbw でまずは http://omolo.com を知った。そこから断片的に彼の活動を観続けているが、彼は相当に特異な作家である。彼の活動および作品はその時々の流行などとはおよそ無関係だが、コンテキスト(美術の文脈)に依存しない強さやユーモアとチャーミングがある。「モテたい」運動や「パイ投げ」イベントなどいっけん美術や芸術と無縁な活動も興味深いが今回の「縄文ヤッホー」に繋がるのは何と言っても「冬芽ちゃん」だろう。「冬芽ちゃん」とは秋に落葉した葉痕とそこから生える新芽があたかもかわいいキャラクターに見えると言った樹木観察の鑑賞ポイントなのだが(やまうちはそれを絵画の題材にしていた時期がある)その山椒の冬芽のトゲが太陽の塔の手やヤッホー土偶の手に呼応する。冬芽も土偶もかわいい。土偶も冬芽も omolo い。と言う案外シンプルな価値観。さらにはわかりきっていると考えていたモノに対する再発見再定義の美学。やまうち曰く、考古学界でかつてゴッドハンドと言われた藤村新一は考古学的には NG だが創作としてあり。と言う視点。この禍々しさと真摯な発見者の矛盾的同居が omolo い。捏造と創作のはざま。今のかたちを古い技術でつくると時空が捻れるのが omolo い。そんな omolo 思考が混沌と詰まった omolo 展示だと思う。
(マジック・コバヤシ / フォトグラファー スパイス料理研究家 美学校講師)

TETOKA
2018/07/19(木)- 07/31(火)
16:00-23:00(定休日:水曜日)
東京都千代田区神田司町2-16 1F
TEL 03-5577-5309
ハッシュタグ #縄文ヤッホー #tetoka (instagram facebook twitter etc.)
facebook event page

20180605 山梨県立考古博物館 桂野遺跡 IMG_8991 IMG_8368
Posted in: art, exhibition, infomation by admin やまうちたかし の #縄文ヤッホー 2018/07/19(木)- 07/31(火) TETOKA(東京・神田) はコメントを受け付けていません。

スソアキコ・山内崇嗣「スイッチポイントで縄文?展」2018/02/8(木)- 2/24(土) スイッチポイント(東京・国分寺)

switch point (入場無料)
185-0012 東京都国分寺市本町 4-12-4 1F
TEL 042-321-8956
11:30ー18:30 (火曜日、水曜日はお休み)

facebook:1,2

スソアキコさんと、自分の二人展を、おこないます。

展示にあたり、考えたことは

  • 国分寺や現代を中心に、郷土、美術、考古に、広がる展覧会です。
  • 古いことや地形など、身近な物事をよく知しって、楽しく暮らしたい。
  • 産業革命や資本主義が発展しすぎた現在、あるかもしれない、ありえたかもしれない、生産、交換、信用などの作り方を考えること。
  • 些細な発見を、長い時間や広い場所に広げて考えられるような視点を努める。

そういったことを考えて、展覧会について、地元のことを調査し、研究、制作しました。
スソさんだけでなく、いろんな方の協力をえて、大変素晴らしい展覧会になりました。
事前の調査にあたり、暗渠の研究者の高山英男さん、吉村生さん、武蔵国分寺跡資料館の増井有真さん、スイッチポイントの本郷かおるさんには、大変お世話になりました。感謝しております。

期間中、数回、きまぐれワークショップを行います。(今後、予定追加変更される可能性があります。)

  • 2/10(土) 14:00- 土器土偶土製品、製作ワークショップ(参加費1000円、最低一日のみ、所要時間1時間から、希望されれば焼成を日をあたらため)
  • 2/11(日) 14:00- 土器土偶土製品、製作ワークショップ(参加費1000円、最低一日のみ、所要時間1時間から、希望されれば焼成を日をあたらため)
  • 2/12(月・祝) 14:00-17:00 恋ヶ窪遺跡と川を探すウォーキング(参加費無料 switchpoint集合 雨天中止)#20180212恋ヶ窪 MAP
  • 2/17(土)14:00-17:00 多喜窪遺跡と自然観察ウォーキング(参加費無料 switchpoint集合 雨天中止)#多喜窪20180217 MAP
  • 2/18(日)13:30- 会場にて、作者によるティーチング(スソアキコ、主に山内崇嗣がたくさん、はなします。参加費無料)

会場での配付資料

宜しくお願いいたします。

IMG_8390 IMG_8398 IMG_8384
IMG_8712 27544699_1628727047204566_468294719695373129_n 27545179_1628727030537901_3022572410637643827_n

Posted in: memo by admin スソアキコ・山内崇嗣「スイッチポイントで縄文?展」2018/02/8(木)- 2/24(土) スイッチポイント(東京・国分寺) はコメントを受け付けていません。

野焼き(炭焼き)陶芸の制作メモ no.4

小型の陶芸窯のレシピです。
安全、臭わない、熱気すくなめ、煙すくなめ、あとかたずけ簡単が、念頭に有ります。
会場になる場所の規約や、地域の決まりを守ってやりやすいやり方です。
BBQ場、庭、都市部の屋上や駐車場などで比較的実現しやすい方法です。
その場所の責任者とよく相談して、一緒にやるかたに丁寧に説明してやりましょう。
準備、焼却、片付け、4時間程度みこんでください。

蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (01) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (02) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (03)
道具用意 粘土作品。(桃缶など)缶詰の空き缶、バーナー、折りたたみ蒸し器、1kg~1.5kg程度の炭、手袋、火バサミ、新聞紙、リップクリーム、アルミホイル。
粘土作品は、空き缶の容積の半分以下に収まる程度、空き缶に入る大きさで作りましょう。お猪口一つ程度、ミニチュア土偶なら、一つ、2つ程度。場所によって、直火禁止を守るため、更に、不燃の台座や机、バーベキューコンロ、金属のバケツなど用意してください。
着火開始。窯セッティング。炭は細かめに砕いて下さい。0.7kgぐらいの炭を使って下さい。都市部や住宅街の場合、着火材を使わず、バーナーを使って下さい。炭の火付けに、経験があまり無い場合、1時間くらい余裕を持ちましょう。煙をできるだけ抑えます。火が付いたことを確認出来たら、缶の中に作品と炭を詰めて乗せて下さい。 蒸し器窯の組み方。
蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (04) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (05) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (06)
焼きながら適当に調理しながら食事します。ホイル焼きなど適当です。
作品に缶を乗せる理由は、炭の燃焼温度上昇の速度に対して、粘土作品の温度上昇を遅らせるためです。粘土が温度上昇する速度が速いと、割れる可能性が高くなります。
着火開始1時間40分目くらい。0.3kg程度、炭を足す。粘土作品を包むくらいの炭を足す。重さより包めそうな量を優先して下さい。 着火開始1時間45分目くらい。缶の蓋を取る。
蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (07) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (08) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (09)
着火開始1時間50分目くらい。炭を足して、粘土作品を被せます。 着火開始2時間20分目くらい。缶詰の空き缶に新聞紙をちぎって丸めて入れて、アルミホイルで蓋をつくります。
炭化によるコーティングをします。高温度の粘土を、新聞紙の中に入れて冷めるまで納めれば、全体に黒くなります。明るい色の作品にしたい場合は、この作業は必要ありません。新聞紙の代わりに、籾殻やオガクズ、ピートモスなどでも出来ます。楽焼の技法です。時間は目安で、粘土作品の燃焼の色を確認しながら考えて、時間を前後させつつ経験を積みましょう。
この時点で、土器・陶器は、700~800度程度と思います。
日中の場合、赤土がベースになっていれば桃色/肌色、白土ベースならクリーム色になっていれば、火は通っています。暗い場所の場合、粘土が赤色、白色になっていれば、800度から1000度程度です。
自然釉、灰釉の輝きを出したい場合、ドライヤーやブロワーで風を送り、土器・陶器の温度を上げてください。
蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (10) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (11) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (12)
着火開始2時間20分目くらい。空き缶に焼いた作品を入れて、アルミホイルで蓋します。 石を載せて重りにしました。 着火開始2時間25分目くらい。炭を消化しつつ片付け開始、作品の冷却待ち。冷えたら、よく洗ってくだいさい。
蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (13) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (15) 蒸し器窯201706府中郷土の森BBQ場 (16)
食器の場合、木製食器のように、蜜蝋ワックス、または、リップクリームを塗ると撥水効果が出ます。作品が土偶や彫刻などの場合は、必要ない場合は、ワックスをかけなくとも構いません。土器の伝統で、漆を塗っても良いとは思います(陶胎漆器)。 お好みでご使用下さい。 空き缶や蒸し器を使った焼き方は、僕が考えたミニマムな方法です。応用して、ペール缶、ドラム缶、U字溝、洞穴(穴窯)など出来ます。窯構造、作品の窯の中での位置、燃料量、燃焼時間を工夫してみて下さい。
制作ロケ地は、府中郷土の森BBQ場、飲食ロケ地は、たぬきや です。
Posted in: days, text by admin 野焼き(炭焼き)陶芸の制作メモ no.4 はコメントを受け付けていません。 , ,